百人一首の基礎知識

皆さんは、百人一首について詳しくご存知でしょうか。学校によっては何首か暗誦させるところもあるようですが、子供に百人一首について問われた際、きちんと説明できるという方は少ないと思います。こちらでは百人一首の基礎知識をご紹介しますので、いざというときに役立てていただければ幸いです。

百人一首とは

百人一首

百人一首とは、100人の歌人の代表的な歌を1首ずつ選んだ歌集のことをいいます。飛鳥時代の天智天皇から鎌倉時代の順徳院までの和歌が選ばれています。その歌を選んだのが藤原定家です。宇都宮頼綱に頼まれ、襖の装飾のために色紙にしたためたのがきっかけです。歌の選定を行った場所が小倉山だったことから、「小倉百人一首」「小倉山荘百人一首」として親しまれています。

100首の歌の中には、季節の歌や離別の歌、羇旅の歌や雑の歌とありますが、圧倒的に多いのが恋の歌です。約半分を占める43首もの歌が選ばれています。また100人のうち男性は79人、女性は21人います。百人一首にはそれぞれに番号が振られていますが、これは昔の歌人から新しい歌人へ順に続いています。

百人一首のかるたと遊び方

現在の私たちにとっては、歌集よりかるたとしてのほうが馴染み深いのではないでしょうか。年末年始に親族で集まった際に、かるたの対戦で盛り上がった経験をお持ちの方もいらっしゃるはずです。百人一首のかるたは、読み札100枚、取り札100枚で構成されています。一般的な遊び方としては、読み手が札に書かれた和歌を読み、散らされた下の句が書かれた取り札を取り合うというものです。一番多く取れた人が勝ちとなります。

ソリスト合唱団では、平成百人一首というゲームをご用意しています。ホームパーティ用に気軽に楽しめるゲームとして制作いたしましたので、札を全く覚えていない初心者の方も安心してお楽しみいただけます。ご一緒にスマートフォン向けのアプリをご用意していますので、スマホをお持ちの方はぜひダウンロードしてみてください。ダウンロードは無料なので、いつでもスマートホンでゲームが楽しめます。