百人一首の歴史

「百人一首」は年末年始で遊ぶ馴染み深いゲームの一種です。多くの歌人が描かれている百人一首。こちらでは、百人一首の歴史に関する情報をご紹介しています。

百人一首のもとは「貝合わせ」?

貝合わせとは平安時代に遊ばれていた神経衰弱のようなゲームのことです。2枚合わせの貝殻を合わせるという単純な遊びで、主に蛤が道具として使用されていたそうです。多くの方から楽しまれていた貝合わせは、遊びのなかで発展していきます。

2枚の貝殻に絵を描いたり、歌を記したりして、それを合わせる遊びになったのです。それを「絵合わせ」「歌合わせ」と呼ぶこともありました。歌合わせでは「素晴らしい和歌を記したい」という気持ちも表れ、和歌の競い合いにもなったそうです。

百人一首の完成

藤原定家によって小倉百人一首が完成されました。小倉の山荘で選ばれたため、小倉百人一首と呼ばれています。男女問わず100人の和歌からなり、なかには詳細不明の歌も選ばれています。

百人一首の発展

戦国時代になると百人一首がかるたとして遊ばれるようになり、大奥などの宮中内の年間行事になります。しかし庶民の間では、かるたは馴染みのないものでした。かるたが庶民の間で流行するのは江戸時代と言われています。

やがて「民用小倉百人一首」が出版されます。元禄時代の頃から一般庶民にも百人一首が広がります。和歌かるたは「小倉百人一首」を指すようになり、庶民にも馴染みのある遊びになります。お正月の遊びになったのは安政の頃と言われています。

このように百人一首の歴史は深く面白いものです。そんな百人一首に興味がある方はいらっしゃいませんか。ソリスト合唱団では百人一首のカードゲームをご提供しています。初心者の方でも楽しむことができます。

また、アンドロイド用の百人一首アプリゲームもご提供しています。AndroidやiPhoneで無料ダウンロードすることができます。スマートフォンをお持ちの方は、ぜひアプリをダウンロードしてみてください。お子様と楽しめるアプリです。