百人一首の上達テクニック

歌かるたと言われる百人一首は私たちにとって馴染み深いゲームです。散らし取りや坊主めくりなど多くのルールがあり、決まり手やコツなど覚えることが多くあります。こちらでは百人一首に関するテクニック法をご紹介します。

決まり字を覚える

百人一首では、決まり字を覚えることが勝利への第一歩です。決まり字を多く覚えることで札を素早く取ることが可能です。例えば、1枚札には「むすめふさほせ」があります。これらは詠まれた時点で下の句が断定できますので、積極的に覚えておくと良いでしょう。覚え方も人によって様々ですが、歌の内容や時代の流れを感じながら覚える方法もおすすめです。

「あ」の札に注意する

「あ」からはじまる札は、全部で16枚占めています。「あ」の札はお手つきしやすいものです。ひとつひとつしっかりと覚える必要があります。また「あ」の札は余裕がないときは後回しにしてしまうのもテクニックのひとつです。覚えるのが難しいと思ったときは、自分が覚えやすい札に絞って覚えていきましょう。

近い札をねらう

札の配置や座る場所もテクニックのひとつです。相手に両脇や向かいに座られたり、自分が端っこに座ったりすると取れる札が少なくなります。札の取り方にこだわりがない以外は座る場所や配置を把握して百人一首を楽しみましょう。また、札は手の届く範囲しか取れないのが普通で、膝付近の札が一番取りやすいです。
はじめに膝付近の札と上の句を連想しておくのもテクニックのひとつです。

百人一首はテクニック次第でより楽しむことができます。百人一首を題材にしたアニメや漫画もあり「興味がある」という方も多いと思います。

ソリスト合唱団では初心者でも簡単に百人一首を楽しむことができる「平成百人一首」というボードゲームやゲームアプリを販売しています。百人一首遊び方が分からないという方も簡単に遊ぶことができます。遊び方やコツを覚えて百人一首をお楽しみください。

ゲームアプリは無料でダウンロードすることができます。お暇な時間に百人一首の遊び方を覚えることができます。小野小町といった歌人イラストも可愛くデザインしています。