百人一首で人気の高い人物 小野小町とは

百人一首には様々な歴代人物が歌った和歌が使用されています。その中でも人気の高い人物と言えば「小野小町」ではないでしょうか。小野小町は「クレオパトラ」「楊貴妃」と並ぶ「世界三大美女」と言われている女性です。百人一首で人気のある小野小町は、一体どのような人物だったのでしょうか。
こちらでは小野小町に関する情報をまとめてみました。

世界の三大美女とは

小野小町が世界三大美女に入っているのは、実は日本だけと言われています。上記の通り日本では「小野小町」「クレオパトラ」「楊貴妃」です。
しかし、世界では小野小町ではなく「ヘレネ」という美女が入っています。ヘレネは、ギリシャ神話で有名な美女のことです。小野小町が入っている理由としては、昔の日本がヘレネを外し、小野小町を入れたと言われています。また一部では「世界四大美女」とも言われています。

小野小町にまつわる話

世界的には三大美女に入っていない小野小町ですが、実際は教養にあふれた才女で男性からの人気も高く、かなりの美女であったことが次の話からうかがうことができます。

・恋する少将の悲しい結末

小野小町に焦がれる男性が多かった当時、小野小町が言い寄る少将に条件を出したという話があります。その条件とは「自分の所に100日通ったら、愛を誓う」というもので、少将は約束通り通いつめますが、最後の日に大雪によって亡くなってしまうのです。

・恋文をお寺に埋めた

魅力あふれる小野小町は男性からの人気が高く、恋文もたくさんもらっていたとされています。しかし、それらの恋文に応えることはなく、小野小町が自ら京都の「やましな」という地域にある随心院に埋めたという話があります。

・後世にまで残る妬み

上記のようなエピソードがある小野小町は、男性からは好かれていたことがわかりますが、女性からは妬まれていました。これは現在にも残る「小野小町九相図」や「まち針」から考察することができます。

このように小野小町は「美女」と認識されても良い歴代人物と言えます。彼女以外にも百人一首で、使用されている歴代人物には、様々なエピソードが残っています。現代では小野小町だけではなく、多くの歴代人物が注目されています。

ソリスト合唱団では、百人一首を基にした「平成百人一首」というカードゲームを販売しております。覚え方や遊び方を知らなくても、楽しく遊べる製品です。
お子様とご一緒に百人一首をされたい方、コツを覚えたいという方にもおすすめです。小野小町や歴代人物のイラストも可愛く描いてあるので、お子様も馴染める商品です。また、平成百人一首はAndroidなどのスマホのゲームアプリでも配信しております。気軽に百人一首を楽しむことができるので、ぜひゲームをダウンロードしてみてください。