百人一首の代表的な遊び方

百人一首に対して皆様はどのような印象を持っていますか。日頃から慣れ親しんでいる方ですと、ゲームとしても楽しめる遊びとして浸透していると思います。
しかし、初めて百人一首で遊ぶとなると、一般的なかるた取りと違って戸惑いを感じる方もいらっしゃることでしょう。こちらでは、初めて百人一首で遊ぶ方でも気軽に楽しめる代表的な遊び方を2つご紹介いたします。

坊主めくり

勝負の行方が最後の最後まで分からない、手に汗にぎる展開で子供から大人まで一般の家庭で最も楽しまれている百人一首の遊び方です。
2人以上の参加者がいればゲームを始めることができますし、イラストの入った絵札だけで楽しめるので、和歌を知らない方でも気軽に参加できます。

ルールは簡単で、100枚の絵札を順番が分からないように混ぜてから裏返しにしておきます。その絵札の山の上から順番にめくります。めくった札が殿(男性)の絵札だった場合は自分の手元に残すことができます。

坊主(僧侶)の絵札をめくってしまった場合には、自分の手元にある絵札を手放さなくてはなりません。姫の札をめくると、その札を含めて、参加している人が手放した絵札をすべて自分のものにすることができます。

100枚の絵札をすべてめくり終わった時点で、手元に最も多くの札が残っている人の勝ちとなります。地域やメンバーによってはルールが変わってくることもあるので、ゲーム前にはしっかりとルール確認もしておきましょう。

散らし取り

坊主めくりと共に楽しまれている百人一首の遊び方です。基本的には、一般的なかるた取りとルールは変わらないので、ご家族や友達同士で気軽に楽しむことができます。ちょっとした違いとしては、一般的なかるた取りが五十音順でことわざなどが使われているのに対し、散らし取りで読む札には和歌が書かれています。

100人の歌人が書いた歌であることから百人一首といわれるようになった基本的な遊び方の1つです。和歌や札を覚えられるようになると、全日本カルタ協会が定めたルールに基づいた1対1で本格的な百人一首の競技戦や、散らし取りの発展系ともいえる源平線もより楽しめるようになります。

これらの遊び方や決まり字を覚えるなどのコツを実践して、百人一首を楽しんでいただけると幸いです。ソリスト合唱団では、平成百人一首のカードゲームとアンドロイドアプリをご用意しておりますので、お好きな方をお選びください。

和歌の情景が捉えられるオリジナルイラストで、ヒント付きババ抜き、歌当て、スピード神経衰弱などをトランプゲーム感覚でお楽しみいただけます。それぞれの遊び方は、「百人一首のカードゲームとアプリ」にてご紹介しております。