暗記で大切なこと

暗記力が上がれば、百人一首で遊ぶ際にもゲームを優位に進められるようになります。記憶力を高める方法やコツには色々ありますが、こちらでは、暗記で大切なことをいくつか取り上げてご紹介いたします。自分なりの覚え方を見つけて百人一首を優位に進めてみてください。

声に出して読む

声に出して読むことは暗記の基本で、百人一首に限らず勉強にも役立てることができます。誰にでも簡単に暗記できるコツなので、覚えたいと思った時にはまずは暗記したい内容を声に出して読むと良いでしょう。声に出して読むことは、視覚と聴覚の両方を使い脳の活性化にも繋がるので、暗記には効果的で効率が良いのです。

答えをすぐに見ない

失敗から人は多くのことを学び成長します。失敗を恐れ、答えをすぐに見てしまっては、効率良く暗記することもできません。答えが何だったのか、思い出そうとしている瞬間こそが脳を働かせ、暗記力を高めるきっかけや土台を作ってくれます。答えが出てこない場合には、すぐに答えを見ずに考えるクセをつけることも必要です。

繰り返すことが大切

暗記にとって最も大切な方法です。しかし、時間をかけて書く・読むなどを繰り返すだけでは思うほど、暗記できていないことも多いと思います。その理由として時間の長さも関係しています。

自分が集中できる時間を設定して、その時間内にどれだけ集中して繰り返し暗記ができるかによって質も大きく変わってきます。繰り返しによる暗記をする場合には、集中できる時間をあらかじめ設定しておきましょう。

その他

記憶力を高める食品を摂取する、睡眠をしっかりとる、関連付けや語呂合わせ、人に教えるなど様々な暗記のコツがあります。自分に合った暗記方法を見つけて、暗記力を身につけてみてください。

ソリスト合唱団では、初心者にも優しい和歌の背景を描いたオリジナルイラストを描き下ろした絵札の「平成百人一首」のカードゲームや、スマホで楽しめるアプリをご用意しております。
かるたの楽しさを感じていただけるよう、定番の坊主めくりや散らしめくり、オリジナルの神経衰弱やババ抜きなどで遊ぶこともできます。初めて百人一首に触れる方に楽しんでいただくのにも最適なゲームです。